ブログトップ

天文博士Dr.Jesrowの研究室

drjesrow.exblog.jp

宇宙の話 気楽に行きましょう!

カテゴリ:天文関連( 18 )

すばらしい天気に恵まれて、皆既月食が終わってしまいました。
羽田空港国際線展望デッキで深夜12:00ころまで観望しておりました。
寒い中、カップル、親子連れ、初老のご夫婦・・・公式発表はありませんでしたが
200人くらいは見に来ていた様に思います
同好会から6名のスタッフが自前の天体望遠鏡を持ち寄り協力し
盛況の内に終了しました
空港施設管理の方、光学メーカーの方ありがとうございました
月食が始まったのが遅い時間だったので、満月と木星を見ただけで
残念そうにお帰りになった方もいらっしゃしました
年内の天体イベントはもう終わり、来年は金環日食、金星の太陽面経過
金星食など、天文ショーがメジロ押しです 乞うご期待!
d0195013_161796.jpg
d0195013_1617198.jpg
d0195013_16165148.jpg
d0195013_16163921.jpg
d0195013_16162896.jpg
d0195013_16161911.jpg

[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-12-11 16:20 | 天文関連
来る 12月10日(土)皆既月食が見られます

場所は・・・ 
◎羽田空港国際線ターミナルビル展望デッキ」です。
◎どなたでも、ご参加(観覧)いただけます。(無料)
◎イベントの時間は 19時~23時ですが、準備完了次第(17時半頃からか)観望いだだけます。
◎光学機器メーカーの「五藤光学」の依頼で私の所属する「川崎天文同好会」のメンバー6名が
 協力することになりました。
◎空港での月食観望というのは、おそらく初めてのイベントだと思います。
 ビル内には美味しいお店 もたくさんありますから、観望以外にもお楽しみいただけると思います。
 ご家族、ご友人、同僚、 恋人等お誘い合わせの上、お越しくださいませ。
[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-12-03 23:11 | 天文関連
前回の続きですが、甲府の乙女高原画像です
参加者は27名。それぞれに自分の天体望遠鏡を持参なので
広場にずら〜っと30数台! それは精悍な眺めです・・・
一番手前の黒い巨砲は40cmドブソニアンという、今回最大の望遠鏡。
これで眺める木星やオリオン座の大星雲はハッと息を飲むくらいのもの凄さ。
寒さも忘れて見とれてしまいます。晴れたり曇ったりの繰り返しでしたが
ぱーっと晴れた時に見える天の川もまた格別です。
球状星団(一カ所に星が球状に集中している領域)M13も都心で見るのとは
段違いのもの凄さです。
皆さんも、暗い空の有る場所に行く機会があったら、是非夜空を眺めてみて下さい。
『わ〜まるでプラネタリウムみたいだ!!』 な〜んて、野暮でトンチンカンなコメント
しないで下さいね。本物の星空に失礼と言うものです!
d0195013_2253566.jpg
d0195013_21584442.jpg
d0195013_21583521.jpg
d0195013_21582625.jpg

[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-11-14 22:06 | 天文関連
先日、天文同好会主催の観望会で、甲府の乙女高原へ行って来ました
一晩中晴れたり曇ったりの繰り返しでしたが、都会とは雲泥の差の星空を
堪能して来ました。
オリオン座の大星雲「M42」とアンドロメダ座の系外星雲「M31」の写真です

データ:高橋μ250CR 2500mm f:10直焦点 canon EOS 5D MkⅡ(無改造)
    ISO3200(ホワイトバランス:太陽光) 6分間ノータッチガイド
    photoshop CS4 にて画像処理 (コンポジット無しの一枚写真です)

M42
d0195013_9342952.jpg
M31
d0195013_934784.jpg

[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-11-06 09:36 | 天文関連
いやぁ〜お久しぶりです・・・お恥ずかしい。
毎日のように更新している方のブログを見ると
いつも感心してしまいます。
さてさて、昨夜は「中秋の名月」我が愛機も修理を終えて
帰って来ましたので、お月見でもしましょうか。ということで
写真を撮りました。満月は夕方の6:30頃でしたので
撮影した時間(10:00頃)は少し欠けていましたが・・・
25cmの望遠鏡の威力を篤とご覧有れ
Data:Takahashiμ250CR Fl:2500mm 直焦点撮影
CanonEOS 5DMkⅡ ISO 400 1/800s   photoshop CS4にて画像処理
d0195013_20251477.jpg

[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-09-13 20:25 | 天文関連
気がつくと6月。例年より12日早い梅雨入りだそうです。鬱陶しい毎日ですがいかがお過ごしですか?
さて、私の望遠鏡。点検調整のためドック入りしました。恐る恐る見積もり金額を聞いて・・・
あ〜ど〜しましょ〜 10万円ほど掛かるそうです・・・(安い望遠鏡買えちゃうね)
点検調整だけなら2〜3万で済むそうですが、反射鏡の再メッキが必要だとのことで、プラス7万円。
反射望遠鏡というのは、ガラスの凹面鏡の表面に非常に薄いアルミのメッキを施しているのです。
これが、長年のうちに曇ったり、酸化したり、ひどい場合は剥がれたりするので、定期的に
再メッキが必要なのです。30年近く経過している機材なので、いずれはと思っていたのですが。
帰ってくるのが一ヶ月半後。ま、梅雨時なので晴れる日も少ないからちょうど良い機会ですかね。
それにしても出費が痛いです〜〜〜〜
[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-06-03 09:10 | 天文関連
星図です。いわゆる地球から眺めた宇宙の地図です
古今東西 色々な種類の星図が考えられ、作られ、市場に出回っています
全天の星(星雲や星団も)をくまなく正確にプロットしたものです。
ある地点を特定するのに地球上では経度緯度で表記しますが
宇宙では赤経赤緯という天の赤道を基準にした表記をします。
古い物は星座の絵が実に美しく描かれていて、ただ眺めているだけでも
楽しめますよね。星図によって少しずつ画風が違うので面白いものです。
1700〜1800年代のビンテージ物はとても手に入りませんが(博物館に行かないと・・・)
その復刻版が日本でもなんとか手に入ります。ものすごいコレクターの方もいる中
お恥ずかしいですが、ちょっとお見せしましょう・・・
一つ一つ説明をしてると大変なので、絵柄だけね。

1:ヘベリウス星座図絵
d0195013_22512668.jpg
d0195013_22511467.jpg


2:フラムスチード天球圖譜 旧版
d0195013_22563148.jpg
d0195013_2254366.jpg

新版
d0195013_22575686.jpg
d0195013_2257174.jpg


3:SAO星図
d0195013_2325113.jpg
d0195013_233599.jpg


4:ミハイロフ全天星図
d0195013_2352614.jpg
d0195013_2353770.jpg


5:Millennium Star Atlas Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ
d0195013_2363425.jpg
d0195013_2365330.jpg


6:The Great Atlas of the Sky
d0195013_23798.jpg

d0195013_2372084.jpg


7:Sky Atlas 2000 DX.edtion/Second edition
d0195013_23153100.jpg
d0195013_23134963.jpg


8:標準星図2000
d0195013_23165349.jpg

d0195013_2317920.jpg


9:全天恒星図
d0195013_2318227.jpg

d0195013_23183892.jpg


10:篠田星図
d0195013_23192541.jpg
d0195013_23191535.jpg


今日はこれくらいにしておきましょうか・・・
あと15〜6有るのですが、天文趣味の方ならそんなに珍しくもない物ばかりで
お恥ずかしい限りです。星図を初めて見る方も中にはいらっしゃると思い
お披露目致しました。また機会があったら少しずつ公開しましょう。
[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-02-23 23:32 | 天文関連
私の所有している天体望遠鏡を紹介します
中には何十台も持っている猛者もいらっしゃいますが
趣味の世界、上には上がいるものです・・・

①主砲 高橋製作所μ250CR EM200B LVIスマートガイダー仕様
    ガイディングスコープ Kenko KDS63-540
    ドールカーカム式という反射望遠鏡です
    主鏡の口径が25cm、焦点距離は2500mm F:10
    反射望遠鏡というのは、ガラスの鏡にアルミメッキをして
    星からの光を反射させ、アイピースという拡大レンズで倍率を
    色々変換させます。カメラを取り付けて天体写真を撮影する事も出来ます
    赤道儀という架台に、正確に星の動きを追いかけるモーターが
    内蔵されていて、コンピューター制御されています
    隣についている小型の望遠鏡に星を追いかける為の超小型カメラを
    とりつけ、その星を逃がさないようにコンピューターが
    モーターを制御して、いつまでも目的の星を追いかけて行きます
    全重量70kg 分解しなければとても一人では運べません
    セッティングには時間と労力がかかります
d0195013_1824423.jpg


②10cm MAXVISION セミアポクロマート 屈折式望遠鏡 F:7
    μ250よりも広い範囲を撮影する時に交換して使用します。
    屈折式望遠鏡は、最も一般的な望遠鏡で、筒先のレンズで拡大された
    像をアイピースで拡大して観測/撮影します
    レンズの材質や、組み合わせによって、性能が色々異なります。
d0195013_18155140.jpg


③20cm CELESTRON シュミットカセグレン望遠鏡 F:10 
     VIXEN GP赤道儀 スカイセンサー2000仕様
    これも反射望遠鏡の一種です。筒先に補正板という薄いレンズをはめ込んであり
    反射鏡の短所を打ち消すような働きをします。焦点距離に比べて全長が短く
    取り扱いが容易なのが特徴です。これも、小型のコンピューターによる制御で
    星を追いかけます。更に、見たい座標をインプットすると自動的に目的の天体を
    視野に捉える自動導入機能が備わっています。
d0195013_20325577.jpg


④10cm Kenko SkyExplorerアクロマート 屈折望遠鏡 F:5
     VIXEN PORTA 仕様
    これは、経緯台という架台で、モーターもコンピューターもついていません
    手動で見たい方向へ自由に動かす事が出来、手を離すとそこで止まります
    時間とともに、視野の中の天体はどんどん動いて行きますが、ハンドルを
    回す事で、追いかける事が出来ます。初心者におすすめのシステムです
d0195013_20421977.jpg


⑤ その他 上から時計回りに
    ◎ バードウォッチング用のフィールドスコープ VIXEN GEOMA 65A
    ◎ VIXEN 60mm 屈折望遠鏡
    ◎ なぜか・・・ライフル銃用の照準スコープ
    ◎ 30mm屈折ファインダー(黄色)
    ◎ NIKON 10倍35mm 双眼鏡 
    ◎ 高橋製作所 7倍50mm 双眼鏡
    ◎ FUJINON 16倍70mm 双眼鏡
d0195013_219671.jpg


   この他にも、高校生の時に自作した10cm反射、15cm反射。
   すでに手放してしまった13cm反射、人から預かっている望遠鏡3台ほど
   等々・・・ 所狭しと部屋のあちこちに置いてあります。

   さすがに、もうこれ以上増やすつもりは有りませんが、たまにヤフオク等で
   掘り出し物があったりすると、入札のボタンを押してしまいそうになります。
   これらの機材を、観望会や撮影等、目的に合わせて手を換え、品を換え・・・

   愛機達は、晴れた夜に出番を待っているのです。

    
[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-02-06 21:13 | 天文関連
先日奥秩父で撮影。 冬から春にかけての代表的な星座の「一等星」達です
星は表面温度によって、色が違います。温度が低い星は赤っぽく
高温になるほど青白く輝きます。
(写真のデータは、星座、星の名前、地球からの距離、明るさです)
最後の二枚は、おまけです・・・
d0195013_16364150.jpg
d0195013_16362928.jpg
d0195013_1636172.jpg
d0195013_1636621.jpg
d0195013_16355647.jpg
d0195013_16354646.jpg
d0195013_16352868.jpg
d0195013_1635383.jpg
d0195013_1634543.jpg
d0195013_16344599.jpg
d0195013_16343329.jpg
d0195013_16341918.jpg

[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-01-18 16:37 | 天文関連
年明け早々、奥秩父へ撮影に行って来ました。
今回は新機材のテストも兼ねての撮影行。
零下7℃という寒さの中、新しい機材の使用方法を
マスターするのは容易な事ではありませんね。
気温が低くて、バッテリーがすぐ使えなくなってしまいます。
満足の行く結果は得られませんでしたが、
一応オリオン座の[M42]星雲の撮影データと
今回の撮影システムをアップしておきます。

メイン:10cm屈折トリプレットセミアポクロマート F 7.0
ガイディングスコープ:10cmアクロマート F7.0
架台:EM200B赤道儀 
ガイドシステム:LVIスマートガイダー
カメラ:CanonEOS 5DMkⅡ(無改造)
ISO 800にて 10分間露出
d0195013_1735181.jpg
d0195013_17345053.jpg

[PR]
by Dr-Jesrow | 2011-01-11 17:35 | 天文関連